へいせいの木の家 TOP > 初めての家づくり > 失敗しない会社選びのヒミツ

よくある質問

押し売りをしない会社を選ぶ!

住宅に限らず、商品というものはお客様が自由に選択するもので、決して押し売りで「無理やり」売り込むものではございません。
私共は、「本当に良いものをお安く提供すれば、お客様に自然と選んで頂ける」と考えております。

見学会にご参加頂いた方に対しても、私共からの売り込みは一切しません。

坪単価を見極める!

広告の坪単価を見て、「あ、安いな」と思っても、当たり前の棚板に「オプションになります」と言われたこと、ありませんか?
住む人にとって必要なものは違いますので、多少のオプションは仕方ないとしても、それによって、坪単価が5万も10万も高くなるのはなぜでしょう。

実はこれ、本体工事部分の利益設定を抑え、追加工事で利益を上げる、利益設定の違いによって起こるものなのです。
こういった手法が住宅業界で一般化しているのです。
坪単価だけではなく、全て入っていくらなのか?という所に注目してください。

手付金の必要性!

本来手付金というものは、工事代金の支払いに充当されるべきもので、契約時点ではまだ何も工事を行っていないので、本来は必要ないはずです。
しかし、契約時点でどうしてお金が必要となるのでしょう?

これは、契約時に多額に手付金を頂いて、お客様の気が変わらないようにしようという意味合いが含まれています。
ご契約時の手付金は確かに必要ですが、当社では着工時までに頂くようにしています。
実際、「他社との契約を止めたいが、お金を返してくれない」というご相談が意外と多いのです。

値引きのヒミツ!

「値引き交渉したら、300万円値引きしてくれた」
もし交渉しなかったら、この一人分の年収に近い金額はそのままだったのでしょうか。
また、この値段の下がった分はどこで調整するのでしょうか。
見える所は変えることが出来ませんから、当然見えない部分を変えていくしかありません。
つまり、隠れる部分でわからないように「手を抜いていく」可能性があるのです。

住宅会社は正直に見積もりを作り、誠実に住宅を建てなければならない、と私共は考えております。
次は住宅見積りのヒミツ