見つけた。空気のおいしい家

炭の家

炭の家とは

人間は1日約12、000リットルもの空気を体に取り込んでいます。
この空気に、じつは200以上の有害物質が含まれていることをご存じですか?
近年問題となっているシックハウス症候群も、室内の空気に含まれる有害物質が要因といわれています。
人は、呼吸する空気を選り分けることはできません。
安心して深呼吸できる空気環境を維持するためには、有害物質の除去と十分な換気が不可欠です。

特許を取得したシステムを採用

「炭の家」では、1階床下と天井懐空間に総量1トンの炭を敷設。
換気ユニットから取り入れられ、炭の層を通ることで浄化された空気が室内に取り込まれます。

動画で見る炭の家の仕組み

This text will be replaced

炭の家の効果

効果1

空気清浄効果

空気清浄効果でシックハウス症候群の原因物質を抑制します。炭の特性である多孔質性で、空気中のホルムアルデヒドなどの有害化学物質を吸着・分解。炭には空気を清浄に保つ効果があるといわれています。

効果2

調湿作用

炭の調湿効果で、床下の湿度を一定にして、カビ・ダニを発生させない状況を作ります。

効果3

防腐効果

アルカリ性の炭の優れた調湿効果は、床下の結露を防ぎ、害虫や腐敗菌の発生を予防。 過剰な水分を吸着して木材の耐久性を高めます。

効果4

マイナスイオン効果

マイナスイオンといえば噴水や滝のそばに発生するすがすがしい空気のこと。炭にはマイナスイオンを増加させて副交感神経に働きかけ、心身をリラックスさせる効果があると言われています。 これによって誰でも気持ち良さを感じるのです。

効果5

消臭効果

空気中に含まれるニオイの分子を吸着・分解してくれるのも多孔質の炭ならではの効果。炭は言わば結晶状態になっており、穴は網目状に張りめぐらされ、大きさは1ミリの1,000万分の1単位。  結合力が強い、この結晶状態の穴に分子レベルのニオイ分子が吸着、浄化されることで、消臭・浄化効果を発揮しているのです。

効果6

遠赤外線効果

物や人体の表面だけでなく深部まで温める性質を持つ遠赤外線。炭の遠赤外線が人体に吸収されると発汗や血液・体液の循環を活発にし、便秘、神経痛、頭痛、冷え性などにも有効とされています。

炭の家 詳しくはこちら